マガジンRe-harmo Magazine

Re-harmoで愉快なコーヒー達

こんにちは!!
雄大です!!

島の中のもの、島の外のものが交差するような場所を目指しているRe-harmo Cafe。
コーヒーもその1つで、いろんなコーヒーを飲んでもらいたくて、
定期的に種類を変えてかつ、好きなものを選んで飲んでいただけます。

その甲斐あって、「あの時のコーヒー好きだった」「こういうコーヒー飲んでみたい」
と言った声をいただくことが増え、感無量でございます。

実は個人的にコーヒーに関しては、別コンセプトを密かに持っているんです。
それは「コーヒーで旅してもらいたい」というもの。

後ほど紹介しますが、Re-harmo Cafeのコーヒーは3つの焙煎所から仕入れています。
Re-harmo Cafeで飲んでいただくのはもちろんのこと、コーヒーの味が自分好みだったり、
お店が気になったりしたら、実際にそこに足を運んでいただきたい。
そうやってコーヒーというツールで人と地域が繋がって、
旅してもらえればいいなと思っています。

【LUCENT COFFEE】

東京・蔵前にあるLUCENT COFFEE(ルーセントコーヒー)。
僕とほぼ同じ歳の若い夫婦がやっている浅煎り専門のお店です。
オーストラリアでバリスタとして働いていた2人。
スタイリッシュな空間で飲むコーヒーは格別です!!

▼お店に置いてある雑誌に掲載されているので興味ある方はチェック▼

東京都台東区寿1丁目17−12 レモンビル1F
Tel:03-4400-1955
HP:https://www.lucentcoffee.com

【KARIOMONS COFFEE ROASTER】

長崎県の時津にロースターを構える
KARIOMONS COFFEE ROASTER(カリオモンズコーヒーロースター)。
長崎のコーヒーと言ったら、カリオモンズさんと言っても過言ではないのでしょうか。
それを証拠に、「ここでもカリオモンズさんのコーヒーが飲めるのね」といった声があるほど

コーヒー農家とのダイレクトトレードを行っていたり、
物の価値を見直すReworthプロジェクトを行っていたりと
僕らが尊敬してしまう活動も行っているロースターさんです。

今年に入って長崎港の近くにも新しく店舗ができたので
上五島に来る際や長崎に用事がある際などふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

HP:https://kariomons.com

[時津店]
〒851ー2106
長崎県西彼杵郡時津町左底郷297ー3
TEL・FAX: 095-870-7447

[長崎店]
〒850ー0034
長崎県長崎市樺島町2−11 造船組合ビル1F
TEL・FAX: 095ー870ー3140

【Gluck Coffee Spot】

熊本県熊本市に2店舗構えるGluck Coffee Spot(グラックコーヒースポット)。
築60年の古民家をリノベーションして作られた店舗
新旧の両方が融合されたような店内でコーヒーをいただくと、
お店の名前でもある幸せという意味がある、Gluckな気分になります。
コーヒーだけでなく、店内でいただくスイーツも格別です!!

HP:https://gluckcoffeespot.jp/

[Gluck Coffee Spot]
〒860ー0846
熊本県熊本市中央区城東町5−52
TEL・FAX:096−288−2556

[Gluck Coffee Roaster]
〒861−0136
熊本県熊本市北区植木町岩野802−3
TEL・FAX:096−200−6881

Re-harmo Cafeが仕入れている全てのお店に共通するのが
スペシャリティコーヒーであること。

スペシャリティとは、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別
そして品質管理が適正になされいるコーヒーのことです。
品質管理はもちろんのこと、コーヒー産業が永続発展するために
サステナビリティであり、トレイサビリティであることが大切であるため、
Re-harmo Cafeもスペシャリティに限定しています。
(スペシャリティについて詳しくはこちら)

同じ焙煎所でも時期に合わせて種類を変えて楽しんでいただけるようにしています。
皆さんもRe-harmo Cafeでコーヒーを一緒に楽しみませんか?

Re-harmo Cafe

〒857-4221
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷2473管理棟内
tel:0959-42-5557
reharmo.cafe@gmail.com
open/close 10:00-21:00(不定休)

佐々木雄大

佐々木雄大

1995年埼玉県生まれ。 茨城大学農学部出身。 学生時代から商品開発やイベント企画運営など食を中心とした分野で活動を行う。イベント企画会社、飲食マネジメントを経て、現在はディレクターとして事業開発やマネジメント、企画といった幅広い分野で関わる。 Instagram